So-net無料ブログ作成
検索選択

ついにデビュー(弐) [家族]

情状酌量(じょうじょうしゃくりょう)
裁判とかで被告人が置かれていたいろんな事情を考慮して刑を軽くすること。まあ、例えば父親を殺した19歳の男性がいたとして、実は小さいころから父親からひどい虐待を受け続けてきて精神的にどうしようもなくなったなんて時によく聞かれます。
本当はそんな事件が起こる前にどうにかするシステムを作るのが先だと思うんですけどね。

昨日はなんだかイギリスの食文化をけちょんけちょんにけなしただけで終ったような気がしますが、アレはあくまでも一つの側面から見たイギリスであって、歴史のある国ですからそれなりの伝統はあるわけです。
(パブなんてぇのもその一つであります。)
ですけど、イギリスの正式名称グレートブリテンおよび北(もしくは北部)アイルランド連合王国という名が示すとおり、イギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドで成り立っています。
こんな具合に歴史的にもかなり入り組んだことになっていますからイギリス全体を一つの文化でくくって話そうなんてぇのがそもそも無謀なんですね。
というわけなんで昨日の記事はあくまでも一つの例ということでとどめて置いてください。
さて、一体なんの話をしていたのかと言うとポパイに出てくるウィンピー(昨日の記事を参照してください)のことでした。
とにかくハンバーガー好きでいつもハンバーガーを食べているような人です。
その姿をみてアメリカにはハンバーガーというものが存在するんだということが分かったんです。
ハンバーガーが登場するのはポパイにトムとジェリー
ウィーピーの食べるハンバーガーはレタスのような野菜がバンズ(ハンバーグを上下ではさんでいるパンのことね)からはみ出ていていかにも美味そうです。
そしてなんと言ってもトムとジェリーの中で出てくるハンバーガーやサンドイッチ。
パンの間にいろんな具材を挟み込んで顔の5倍はあろうかと思われるような作品を作り上げそれを一気に口にほおばります。
アレを一回でやってみたいと思ったのはオイラだけではないはず。
一方、奥様は魔女とかのアメリカンコメディーもあるにはありましたがあれでどんな料理が出ていたのかさっぱり覚えておりません。
自分が小さかったということもありますがやっぱり心に深く残るのはアニメ作品なんですな~。
それはさておき、アメリカが舞台になったアニメや映画ドラマをいろいろ観てきましたがアメリカ伝統の食事と言うのがイマイチはっきり分かりません。
みなさん、何が思い浮かぶでしょうか。
やっぱ思いつくのはハンバーガーとフライドチキン。
これらはアメリカの国民食といっていいでしょう。
あと思い浮かぶのはクリスマスの七面鳥くらいですね。
ちょいとお断り
アメリカには世界中から移住していった人が大勢います。
で、同郷の人たちが集まって一つの街を作り(例えばチャイナタウンとか)そこで独自の食文化を構築しています。
あと、移住していった人だけではなく奴隷として連れてこられたアフリカ系黒人の子孫。
彼らにもアフリカからもってきた独自の食文化があります。
しかし、アメリカというひとつの国として考えた時には、国民全部が納得できるような伝統の食文化は存在しないんではないかというのが私の考え方です。
この考えで間違っていたらどうぞご指摘ください。
ということでお断りここまで
まあ、アメリカと言う国も建国されてから230余年。
大国としてはまだまだ歴史が浅いですから文化を作り上げると言うのも大変な努力が必要です。
(中国が三~四千年、日本が千三百年位ですからアメリカという国の若さがわかりますね。)
なんて書いているうちに終わりになってしまった。
続きはまた明日。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。