So-net無料ブログ作成

ある夏至の風景 [家族]

一攫千金(いっかくせんきん)
一攫はひとつかみ、千金は大金という意味なので一度に大きな利益を得ること。
比較的似た言葉で濡れ手に粟というのがありますね。
一攫千金で思い出すのはジェイコム株大量誤発注事件です。2005年12月8日に「61万円1株売り」としなければならない注文を「1円61万株売り」と誤ってコンピュータに入力したために株式市場が大混乱しました。
この一件で千葉県市川市に住む当時27歳の男性が20億円儲けたというのがかなり話題になりましたね。
まあ、この人の場合無職ですが常日頃から株式投資をやっていて、今回はその取引の中で起こったことらしいですが...どちらにしても一攫千金ですね。

6月21日といえば夏至です。
夏至ではありますが梅雨真っ只中ですからねニュースで出るまでは全然思いつきません。
逆に夏至よりも大雨の方が話題になることもありますが、今年の夏至はまさにそんな状態。
妻の母親が入院しているので宮崎までお見舞いに行く日です。
朝から結構な量の雨が降っていました。
家のことをあれこれしたあと、今日はゴミの日なのでゴミを出しに行ったら近くの水路が結構水かさが増えていましてね。
水路の深さは150cm位じゃないかな。
それの九分目まできていたから、このまま降ると大変なことになるかもしれん、という予感はありました。
さて、宮崎に帰るためには高速を使います。
この雨なんで道路交通情報だけは気にかけていました。
チェックすると交通規制はナシ。
ヨシッってんで、9時までに高速にのると割引が適用されるので急いで車を走らせました。
8時55分(ギリギリじゃ!)にIC近くまで到着したところで電光掲示板に「大雨のため通行止め」の文字が!
なんじゃこりゃ!
どうやらその直前に通行止めになったらしい。
しかたないので隣のICまで車を走らせることに。
高速使う距離が短くなるのにのるのは間違いなく9時過ぎるので料金はかえって高くなってしまいます。
このあたりでオイラはかなり不機嫌になっていました。
しばらく走ると反対車線がかなり込んできていることに気付きました。
そう、私たちが向かっているICでおろされた車が渋滞しているんです。
つまり通行止めになっている区間を利用するはずの車は全て下の道を走らなければなりませんからそれだけで通行量がかなり増えているんですね。
行くのはいいが無事に帰れるのか、この時点でちょっと不安になっています。
しかしお見舞いに行くことになっていますからこのまま走らないわけにはいきません。
不安を感じたまま高速に乗りました。
熊本からの下り車線は(速度規制にはなっていましたが)快調そのものでしたが上り車線はICで降ろされる車が長い列を作っていました。
それを横目で眺めながら車は一路宮崎へ。
大雨の中を走りぬけ全長6,260mの加久藤トンネルを抜けるとそこは宮崎県えびの市。
エ?雨はどこ?
熊本であれだけ降っていた雨が一滴もありません。
曇り空ではありますが道が濡れている様子もない。
う~ん、同じ九州、しかもお隣なのにこんなに違うのか。
なんて感心をしながら今日の予定を考えます。
もう既に高速の通行止めで予定はくるっていますから大幅に変更しなければなりません。
妻は4時から用事がありますからそれまでにお見舞いを済まして熊本まで帰る。
逆算して...お見舞いをして、13時までに宮崎で食事が終われば下道走っても余裕で帰れるだろうという結論。
ということで高速をおり国道ではない裏道を走ることで病院まで最短時間で行きます。
この時点で10時半。
お見舞い済ませて飯食って12時半、よし、余裕だ!
途中で国道沿いにある地鶏屋さんでカシワの刺身をぶつ切りを購入、まだ13時前。
おっし!これなら15時すぎには帰り着く。
てなわけでえびのICから高速にのり熊本に向かうわけですが続きは明日。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。