So-net無料ブログ作成
検索選択

マジかよ... [テレビ]

四番弟子の四草の続きです。
この四草は結構なウソツキで、後に草々の弟子になるかなりウソツキの小草々のことをウソで負かせたこともあります。それから好きなのが賭け事。
何かと言えば「賭けますか?」というのが口癖。
オイラもこれが気に入って一時期使っていましたよ、子ども相手に。
なんちゅう父親だって感じですね。

ということで四兄弟の紹介が終りました。
さて、オイラのお気に入りはというと四草。
ドラマ中はほとんど笑わんし、何よりもクールな感じが最高ですね。
四草を演じている加藤虎ノ介自身も物静かな青年でスタジオパーク(NHK総合)に出演していた時には脚本家からの手紙に泣いていました。
それからですねドラマ内で演じている落語もどんどん上達していまして、昨日書いたように草々の落語の上達も目を見張るものがありましたが四草も最後のほうはホンマモンの落語家の風格さえありましたからね。
(このあたりは本職の落語家さんの間でも話題になっていたようです。)
特に若狭(喜代美)のために高座でかけた饅頭こわいは本当にそういう番組(演芸番組)をみているのかと錯覚しそうでした。
草々と四草の高座をみると上手くなったのが本当に嬉しくてその場面が出るだけでウルウルしていた大バカ野郎はオイラです。
何度も繰り返しますがそういうわけでオイラのお気に入りは四草なんですが困ったことにうちの妻はそうじゃあないんです。
誰だと思います?
草々?
いや、草々だったらまだいい。
草原?
んなわけあるカイ。
答えは小草若です。
もちネタも片手で数えられるくらいしかなく、たまにギャグを言えばすべりまくって、実力もないのに人気者ぶっていて、後半ではほとんどテレビ界から干されていたあの小草若です。
なんで~ヤネン!
それこそこの間書いたそこそこの法則です。
草原がオキニだといえばそれはほとんどギャグにしかならん。
草々と四草だったら男のオイラでもまあ納得できますわね。
それがアンタ、ひねくれモンで根性なしの小草若ですよ。
(あ、そう言えば徒然亭一門は草原以外ほとんどがひねくれモンだった...)
そーこーぬーけーに納得でけんっちゅうねん!
妻曰く「だって、可愛いんだモン♡」
......
確かにあいつの目はよく見たら捨てられた子犬のようにウルウルしてる。
そこに母性本能がくすぐられるのかもしれん。
そうか、女ってああいう男に弱いのか。
オイラも今後の生き方を考えんとイカンな。
もてるのは四草タイプではなくて小草若タイプ。
クールではなくてすぐにすねるのが良いとは。

世も末である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。